ニキビ跡 治し方

化粧品で対策できる!ニキビ跡の治し方ガイド

化粧品で対策できる!ニキビ跡の治し方ガイド

 

ニキビの悩みと同じくらい深刻なのが、ニキビ跡の悩みですよね。

 

ニキビ跡を化粧品で治したい場合、次の働きがあるコスメを選ぶと効果的です。

 

  1. (刺激の弱い)マイルドピーリング効果のあるもの
  2. 保湿効果が高くターンオーバーを正常化するもの
  3. 色素沈着を薄くするビタミンC誘導体やビタミンCを含んだもの

 

基本的に化粧品でのニキビ跡への効果は、色素沈着までで、クレーター(凹凸)ニキビ跡には難しいのですが、1や2の機能があると、薄い凹凸レベルであれば、化粧品でも目立たなくなる事があります。

 

以下でご紹介しているニキビ・ニキビ跡化粧品の中で、常盤薬品工業が作っているノブACアクティブが比較的結果を出しやすいですが、敏感肌ならエトヴォスもおすすめです。


大人ニキビから優しく救ってくれる基礎化粧品のランキング最前線


 
ノブACアクティブ

マイルドピーリングでニキビ跡が気になる肌とはさよなら!
皮膚科でも扱うニキビ・ニキビ跡化粧品

ノブACアクディブは常盤薬品の商品で、肌にトラブルを抱えた人向けの「ノブ」のラインナップの内、25歳以上の大人になっても治らないニキビ専用の基礎化粧品です。特に臨床皮膚医学に基づいて作られていて、クリニックでも取り扱いをしています。ニキビだけでなく、ビタミンC誘導体入りなので色素沈着したニキビ跡にも使えますよ。また洗顔フォームにマイルドなピーリング効果があるので、ニキビ跡のある肌がつるりとむけて綺麗な肌が見えてきます。ピーリングですが肌への刺激はありません。乾燥を防ぎ、潤いを与える事で敏感な肌にも対応できる肌に優しい基礎化粧品ですので、広い年齢層のニキビ肌の悩みを解決してくれます。大人のニキビの原因は特定するのが難しく、原因となりうる要因は多くあります。ホルモンのバランスや生活習慣、ストレスといった具合に人それぞれで原因が違うのが特徴です。肌の調子を崩しやすい場合にも使用できるように多くの試験を通過した薬品を使用しているので安心です。

  • 皮膚科でも取り扱いのあるニキビ化粧品です
  • 残ったニキビ跡にマイルドピーリングが効果的
  • ヒアルロン酸やセラミド3入りで保湿力あり!
  • ビタミンC誘導体入りで、色素沈着したニキビ跡にもよい
ノブACアクティブを見る
 

ノブACアクティブの口コミ

 

30歳を過ぎてもニキビが治らなくて、皮膚科で勧められたのが「ノブ」との出会いでした。生理の前にあごの辺りにニキビが出来て炎症を起こしていましたが、それも使用するとともにだんだんと減ってきて嬉しい限りです。使用し始めて2週間ほどたったころから出来にくくなったのには、驚きました。ニキビの原因を作らせない薬品が処方されていると皮膚科で聞きました。それが本当に効果があり、毛穴がだんだんと小さくなったのもうれしい変化です。これからも使い続けたいと思います。

 
エトヴォスバランシングライン

乾燥肌さんのニキビケア・ニキビ跡ケアに

肌が弱い人でも使いやすいニキビ専用ラインです。エトヴォスは皮膚科学に基づいて、肌に良いファンデーションやセラミドを配合した商品を多く作り出した会社。「エトヴォスバランシングライン」は、2015年にリニューアルされて多くの改善を行い肌への効果を上げています。高濃度ビタミンCによりニキビ跡やニキビ予防、また海外ではニキビ治療薬として使われているアゼライン酸を美容液に配合し、徹底的にニキビをケアします。この美容液はメイクの上からでも使用できるので、今あるニキビを集中してケアしたい時に便利ですよ。大人のニキビの原因のひとつは肌の乾燥で、乾燥する事で肌の代謝が悪くなり脂肪分がうまく回らずに毛穴を詰まらせてしまう事にあります。セラミドは肌にある成分で水分やその他のうるおい成分を含んでいますが、バランシングラインではさらにうるおい成分を増やしうるおいを与えながらニキビを改善していきます。ニキビ肌の改善は何と言っても保湿が大切で、洗い過ぎたり、肌から油分を取り過ぎては逆効果です。うるおいのバランスを整えながらニキビを無くすのがエトヴォスバランスラインです。

  • セラミド、アミノ酸、ヒアルロン酸配合で高保湿!乾燥肌でニキビができやすい人に
  • 高濃度ビタミンCでニキビ跡にも使えます
  • 海外のニキビ治療薬として有名なアゼライン酸を美容液に配合
エトヴォスバランシングラインを見る
 

エトヴォスバランシングラインの口コミ

 

敏感肌なので、どんな化粧品もトライアルキットを購入して、パッチテストを行うという習慣がありますが、エトヴォスバランシングラインは私の肌に合いました。合わない場合は、赤くなったり痒みがでたりでニキビの改善どころではありません。使って2週間ほどでニキビが出来にくくなりました。また、肌のキメが整って肌のニキビの炎症が全くなくなりました。次第にしつこいニキビが出来にくくなり、肌に明るさが出ました。これまで、ファンデーションも塗る事ができませんでしたが、エトヴォスのミネラルファンデーションを試してみようと思います。

 
リプロスキン

ニキビ跡に特化した化粧水

ニキビ跡専用の化粧品をお探しの方ならリプロスキンがおすすめ!リプロスキンを製造している会社が「ピカイチ」ですが、長年にわたりニキビやトラブル肌に合う化粧品を35年の月日を費やしている会社です。特にリプロスキンは「浸透力」が特長で、肌に浸透しにくい化粧品をナノレベルまで小さくする構造を作りました。マイクロソーム構造と呼ばれる技術で、美容成分を肌に浸透するサイズにする事に成功しました。ニキビの改善には時間がかかりますので、有効成分が肌に届き長い時間効果を発揮するように企業努力がなされてきました。一番の強みは化粧水の浸透力ですが、クレンジングは肌に優しい使い心地でニキビを優しく抑えます。洗顔フォームは余分な皮脂や汚れは落とすのに、必要なうるおいは残す事で肌の健やかさを保ちます。

  • ニキビ跡専用コスメを探している方に
  • 化粧水でニキビ跡をケアできる手軽さが人気
リプロスキンを見る
 

リプロスキンの口コミ

 

凹凸ニキビに使える化粧品を探してたどり着きました。ニキビがフェイスライン一面に出来て、そのニキビ跡に苦しんでいました。赤や赤紫といったニキビ跡、クレーターのニキビ跡・・・リプロスキンを使って半年ほどでしょうか。「そういえばニキビ跡がほとんど見えない」と以前はニキビでお花畑のようだった自分の肌が見違えるほどでした。しっとりと使いやすい化粧水で、おしみなく使うのがポイントです。少し時間はかかりますが、本当に肌に良いものを使っていると思うので、ひどいニキビ跡に苦しんでいる人にはぜひ試してもらいたいローションです。

 
ビーグレン ニキビ跡ケアプログラム

色素沈着〜凹凸のニキビ跡まで

ビーグレンはニキビケアの他、ニキビ跡専用のラインにも人気があります。トライアルセット使用段階で変化を感じる人が多く、リピーターが多いのが特徴。洗顔が「クレイウォッシュ」で大人の肌に必要な油分を残し、汚れをマイルドに落とします。化粧水が「QuSomeローション」で、こだわりは浸透力です。潤いが長時間しかも肌の深部にまで届き、うるおう事で肌のターンオーバーを規則正しく整えます。美容液の「Cセラム」で肌の凹凸や、色素沈着をケアします。クリームが「QuSomeモイスチャーリッチクリーム」で、ハリを与え内側から跳ね返すイメージの肌作りを目指しています。効果があるのはビーグレン独自のデリバリーシステムのお蔭で、希望すれば電話で専門家のカウンセラーからアドバイスを受けることが出来、生活面での指導もしてくれます。

  • クレイウォッシュが毛穴より細かい汚れを落とす
  • 濃度の高いピュアビタミンCが、色素沈着やひどいニキビ跡にも働きかける
ビーグレン ニキビ跡ケアプログラムを見る
 

ビーグレン ニキビ跡の口コミ

 

「ニキビ跡」は、どんな小さなものでも気になります。美容皮膚科に通う勇気もなく、トライアルキットを試したのちに購入しました。特に気にいっているのが洗顔のクレイウォッシュで、やはり「界面活性剤」を絶対に使用していないという点で試してみる気になりました。私の肌は敏感肌ですので、時として体力が落ちた時など化粧品を使用しているとピリピリする事がありますので、多分使用感に対しては神経質な方だと思いますが安心して使用し気に入っています。

 
リペアジェル

リペアジェルは植物からつくられていて水を一切使用していません。愛用者の年齢層も幅広く30代から60代で、専門の調査機関でのアンケート結果によると「年齢肌のケアに最も推奨できるブランド」に選ばれた実績があります。ニキビ跡は、肌の乾燥や老化によってより目立つことがあります。肌の老化で水分不足で、肌びキメが整っていない状態だとニキビ跡の凹凸や、キメが不ぞろいな部分がメイクでは隠しきれなくなってくることがあります。ニキビ跡は、経験者には年齢が上がっても気になるトラブルですが、「リペアジェル」はそんな人の期待に応える美容液です。化粧品会社「リソウ」のこだわりは、エイジングケアです。肌に優しい上に美容効果を上げるために手間をかけ、原料にこだわりなるべく保存剤も使用しない状態で出荷していますので、使用期限もあります。

リペアジェルを見る
 

リペアジェルの口コミ

 

私は親子で愛用していますが、使い出したきかっけは母の肌が明るくなり、法令線やシワがどんどん浅くなっていった状態を見ていたからです。価格は私にとってはかなり高く思えるのですが、母によると一回の使用分が少ないので価格はそれほど気にならないと言っています。私は使用する事で、本来ニキビができやすい肌質が時々の使用でずいぶん改善することができました。母は、茶色く大きいシミが薄くなり、肌質がかさかさした状態からうるおった状態に変化しました。これからも愛用し続けたいと思っています。

ノブACアクティブがおすすめの理由

ノブACアクティブ

皮膚科でも扱っている安心のニキビ化粧品

どの化粧品も、甲乙つけがたく多くの商品が賞を受賞していてしかも消費者の目線で作った力作ばかりなのですが、「ノブACアクティブ」の場合は、皮膚科医にかけこむ深刻なニキビの症状も「治す」ことができる実力派の基礎化粧品といえます。何人もの悩みを抱えていた人を救った「ノブACアクティブ」は、多くの皮膚科医が信頼し患者に勧めている実績が多いことが1位となれた勝因と言えそうです。ノブACアクティブは、臨床皮膚医学に基づいて30年間研究されてきた商品です。医学的にも太鼓判が押されているだけあって、原料の精製度にもこだわりうるおいながら余計な皮脂を取り除く設計となっています。

大人ニキビの改善は、近頃は病院に通うことなく基礎化粧品を変えることでも充分に治せるケースが増えています。しかし、生活習慣や乱れた食習慣など自分で客観的に改善する事が難しい事柄も、ニキビの改善を左右しますので医師の指導の下で現在使用しているクレンジングから保湿製品まで改善するべき点をひとつづつ変える必要がある場合もありますので、症状が深刻な場合は、医師の診断を受けるのが治療への近道かもしれません。

  • 皮膚科でも取り扱いのあるニキビ化粧品です
  • 残ったニキビ跡にマイルドピーリングが効果的
  • ヒアルロン酸やセラミド3入りで保湿力あり!
  • ビタミンC誘導体入りで、色素沈着したニキビ跡にもよい
ノブACアクティブを見る

ニキビ跡の治し方は化粧品選びと生活習慣の見直し

ニキビ跡の治し方は皮膚科に相談することしか無いように思えますが、自分の症状に合った化粧品を選んできちんとケアしていけば、症状が軽くなったり、ニキビ跡を治したりすことが出来ます。まずは自分のニキビ跡はどのタイプか確認してみることが、ニキビ跡の治し方のファーストステップです。一般的にニキビ跡には赤みのあるタイプ、色素沈着のあるタイプ、クレータータイプ、シコリタイプの4種類があります。赤みのあるタイプはニキビが炎症を起こして周りの毛細血管が傷ついている状態になっていますから、炎症を沈めてお肌を健康な状態に戻す化粧品を選んでいきましょう。

色素沈着タイプはニキビの炎症が進んでしまって、毛細血管が内出血を起こして紫色になったり、そこへ紫外線を浴びてしまってメラニンが大量発生して色素沈着を起こしてしまっている状態です。この場合は美白成分が高いハイドロキノンやトラネキサム酸、グリチルリチン酸が配合されている化粧品を使っていきましょう。クレータータイプはお肌の奥深くまで傷ついてしまっている状態なので、自力で治すことは困難な状態です。

皮膚科へ相談することが近道ですが、自宅でのケアとして、ニキビ跡が早く治るように保湿成分が多い化粧品を選ぶことが重要になります。セラミドやヒアルロン酸が配合された化粧品を使うことで、お肌に油分と水分が蓄えられるようになるので、お肌のバリア機能が回復し、お肌のターンオーバーが正常に戻すことが出来ます。使い続けることでお肌にハリが戻るので、次第にクレーターが目立たなくなります。

ただし完全にニキビ跡を治すには皮膚科でピーリングなどの治療を受けることをおすすめします。最後のシコリタイプも皮膚科でレーザー治療やピーリングなどをしてもらうことが治し方の基本となりますが、前述したようにお肌の健康状態を良くするセラミドやヒアルロン酸が配合された化粧品を選ぶことによって、肌質を向上させるようにしてください。ニキビ跡の治し方はつい皮膚科や化粧品に頼りがちですが、一番大切なのは生活習慣を正しくすることです。

これを怠ってしまうと、せっかく治したニキビ跡もぶり返してしまうので、セルフケアの意味がなくなってしまうからです。栄養バランスの良い食事をしたり、質の良い睡眠をとったり、適度な運動をしたり、ストレス解消に心がけるようにして、体の中から健康な状態を保つことこそが、ニキビ跡ケアの基本的な治し方となります。ニキビ跡ができると嫌な気分になるものですが、これを良い機会として、規則正しい生活習慣になるように心がけてみてください。

ニキビ跡の治し方のいろいろ

ニキビができた後、きれいに治ることもあるのになぜか跡が残ることもあって女性にとっては悩ましいものです。特に顔にニキビ跡が残ったらメイクののりも悪くなりますし、やはり見た目も気になってしまいます。ニキビ跡には種類があって、それによって治し方も違いますので自分のニキビ跡はどのタイプかを見極め、それに合った方法で治していくようにしましょう。ニキビ跡は、肌に赤みがあるもの、色素沈着したもの、クレーター状になったものがあります。

それぞれのニキビ跡の原因と治し方を知りましょう。まず、赤みのあるニキビ跡の原因と治し方についてです。ニキビが治ったと思っていたら、その場所が赤くなってしまったことはないでしょうか。

ニキビのような痛みはなく、ぽつんと膨らみがあるわけでもありませんが、赤みだけが残ってしまうニキビ跡です。これは、ニキビの炎症がその周辺の血流を滞らせ、溜まってしまうために起こります。これは、肌のターンオーバーがうまくできていないからなのです。

ターンオーバーが正常にできないのは、食生活の乱れや睡眠不足、運動不足、スキンケアが間違っていることが考えられます。生活習慣を改善し、肌には保湿を心掛けるようにするとターンオーバーが促され、ニキビ跡が改善されていくでしょう。次に色素沈着したニキビ跡の原因と治し方をみてみましょう。

ニキビが治った後、シミのようになって取れないと悩んでいる人も多いです。これはメラニン色素が原因となっているのですが、メラニン色素は悪いものではありません。紫外線やニキビの炎症で刺激を受けた肌の真皮を守るために生成されるもので、その役割が終わったら肌のターンオーバーによって消えるものなのです。

しかし、ターンオーバーがうまくいかないとメラニン色素が残ってしまい、色素沈着を起こします。この場合も肌のターンオーバーを整えるように生活習慣を整え、ビタミンC誘導体を含んだ基礎化粧品を使うと良いでしょう。最後はクレーター状のニキビ跡の治し方についてです。

ニキビができていた部分の肌が、凸凹してクレーター状になってしまう人がいます。これはニキビができた時のケアが間違っていたために起こると考えられています。例えばニキビを潰してしまうとか、過剰なほどの洗顔です。

これにより真皮が破壊され、皮膚が落ち込んでしまうのです。こうなってしまうと自宅でのケアだけでは治らないので、美容皮膚科などでケミカルピーリングやレーザー治療を検討することになります。日々のお手入れは、ニキビ跡ケア専用のスキンケア商品を使うと良いでしょう。

皮膚科のニキビ跡?治し方!トレチノインとは

ニキビが治まっても、その下に赤みやシミが残る場合があります。赤みは皮膚の炎症によるものであり、シミは炎症によって生じたメラニン色素が色素沈着したものです。炎症が治まれば赤みは次第に薄くなり、メラニン色素もそれ以上増えなくなりますが、シミや赤みを早く治そうとして化粧品を多用する方も多いでしょう。しかし、ニキビ跡のある肌には化粧品が浸透しにくく、肌の奥に到達する前に蒸発してしまう場合が多いです。

化粧品の中には炎症に効果的な成分が含まれているものもありますが、医薬品のように炎症を鎮めるほどの作用はありません。一度傷ついてしまった細胞については、肌のターンオーバーにより対外に排出されるのを待つことになりますが、あまりにニキビ跡が酷い場合には、皮膚科に行った方がよいでしょう。皮膚科ではニキビに関する相談も受け付けており、ビタミンA誘導体のトレチノインを処方される場合があります。

トレチノイン(レチノイン酸)はビタミンAの約100倍の活性力があり、肌のターンオーバーを促進する効果があります。化粧品でもレチノール、レチノールエステルとして配合されておりますが、皮膚科で処方されるトレチノインに比べると100分の1ほどの作用しかありません。レチノールには保湿作用があり、継続的に利用することでニキビ予防になりますが、すでに存在するニキビ跡の治し方としては適していません。

ニキビ跡が酷くて困っている方は、皮膚科に行ってトレチノインを処方してもらう方がよいでしょう。ただし、トレチノインは日本ではニキビの治療薬として認可されておらず、医師が個人輸入して提供するという形になります。そのため保険適用の対象外であり、3000円〜8000円の費用がかかります。

トレチノインはネットなどで個人輸入することもできますが、医師の診断なしで購入するのは止めた方がよいでしょう。トレチノインは劣化が早く、輸入品の中には不良品が混ざっていることもあります。また、塗り過ぎると肌を乾燥させてしまうので、口周りなど皮膚の薄い部分には少量ずつ使用するなど、医師の説明を聞いて正しく使用しましょう。

化粧水はニキビ跡の治し方には適さないと書きましたが、乾燥を防ぎ、皮膚環境を整えることに役立ちます。化粧品を使用して肌のターンオーバーを正常に保てば、新たなニキビの発生や炎症の悪化を防ぐことができます。ニキビ跡の残る肌は、刺激に対して非常に敏感になっていますので、なるべく低刺激の化粧品を使いましょう。

更新履歴

メニュー

このページの先頭へ